外国知財情報レポート

外国知財情報レポート 2021-4月発行

[内容]

1.(欧州)   EPO審査ガイドラインの改訂

2.(米国)   CAFCは、ウェブサイトを閲覧して文献を見つけることができればそれは公衆が利用可能であると判断しました。またCAFCは、PTABが特定の拒絶理由を事前に通知することなく職権でクレームを無効にできないと判示しました。

3.(米国)   権利化手続中になされた矛盾する陳述は不明確さにつながる

4.(欧州)優先権の移転に関するEPO審判部審決

5.(英国・商標)“赤い丸印”を有するフライパンは商業的出所(commercial origin)を示すか

6.(中国・商標)類似群が異なる商品間に類似性が認められるとして無効とされた事例

7.(米国)   CAFC は、「モジュール」というクレームの要素をサポートするためには対応する構造が必要であると判示しました。

8.(米国)   CAFC は、投資の完全な回収は衡平法上の中用権の妨げにはならないと判示しました。

外国知財情報レポートアーカイブ