意匠部が創設されました。

拝啓
 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本年1月、新たに意匠部を創設し、専門部門9つの部から構成することに致しました。意匠部は、特許に精通した意匠弁理士および商標に精通した意匠弁理士から構成しており、あらゆるクライアント様の多様なニーズに対応できるようにしております。
 2015年5月から日本でもハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく国際意匠出願制度が施行されたことにより、海外企業の日本での権利取得の増加が予測され、国内意匠権の取得は企業知財戦略にとって、今後益々重要度が高まるものを考えられます。一方、海外の意匠権の件数は近年増加傾向にあり、日本のクライアント様にとって、グローバルな視点での意匠権の取得は、海外での事業活動を展開する上で、より一層重要な位置付けになるものと考えられます。
 このような意匠権を取巻く知財環境の下、弊所におきましては、国内・海外での意匠実務をより一層蓄積し、クライアント様に十分満足して頂けるサービスを提供すべく、意匠部が一丸となってクライアント様を意匠という側面でサポートさせて頂きたい所存でございます。
 今後とも弊所への変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻を頂けますよう、心よりお願い申しあげます。

敬具

  平成29年1月吉日

所   長 木原 美武
意匠部部長 中西 輝 

アーカイブ