採用情報

プロフェッショナルな職場で働きませんか

Message

当事務所は創業以来、国内外の知的財産権業務全般にわたりより良い品質の業務を提供するとともに、人材の育成に最大の努力を払ってきました。特に「実務担当者はプロとしてすべて弁理士資格を有するべきである」という方針の下、当事務所での弁理士試験合格率は極めて高く、現在、実務担当者の約90%が弁理士資格を有しております。
知的財産業界ではグローバル化に対応できる人材の養成が急務とされていますが、当事務所では早くからこのことを予想し、多くの弁理士を海外(米、英)で開催される研修コースに派遣してきました。
現在では当事務所の業務の60%を海外案件(内外および外内)が占めるにいたっております。
当事務所は、人材育成重視の姿勢によってクライアント各社から高い信頼を獲得してまいりました。事務所では実務経験の有無、弁理士資格の有無を問わず、向学心にあふれ情熱を持って仕事に取り組んでくれる人材を求めています。
新入所員に対しましては経験の有無に関わらず、先輩弁理士が指導担当として付き、早急な立ち上がりを目指して日夜懇切丁寧な指導を行っております。
深見特許事務所で働いてみたいという皆さん、ご応募をお待ちしております。

Fukami Patent Office 深見特許事務所の指導体制

弁理士・技術職

  • ベテランの弁理士の下、懇切丁寧に指導致します。
  • 毎年6~8人を海外研修に派遣しています。
  • 米国の法律事務所に約6ヶ月間滞在する研修制度があります。米国パテントエージェント試験にチャレンジすることができます。
  • 定期的に、若手・中堅弁理士による、裁判例の研究発表会を開催しています。
  • 国際会議への出席、国際会議でのパネラーとしての参画に積極的に取り組んでいます。
  • 仕事と試験勉強とを両立して、弁理士試験に合格した弁理士が多数在籍しています。

事務職

  • 経験豊富な事務担当者の下、懇切丁寧に指導致します。
  • 所内で継続的に知的財産管理技能検定2級合格のための勉強会を実施しています。多くの合格者を輩出しています。
  • 国内特許事務、外国特許事務、商標法律事務に組織が分かれており、各事務グループに専門知識の蓄積があります。
  • 外国系の事務グループでは英語力が生かせます。
  • 事務職の中でも専門性が高く、結婚や出産を経て長く勤務する職員が多数在籍しています。

Flow 採用の流れ

  • 01. 説明会参加 (任意)
  • 02. 応募 (履歴書・職務経歴書)
  • 03. 面接
  • 04. 採用