外国知財情報レポート

外国知財情報レポートアーカイブ

外国知財情報レポート 2020-秋号

[内容]

1.(米国)    USPTOによる「AIと知財政策に関するパブリックコメント」の報告書

2.(米国)    PCT国内移行出願時にRCEを請求した場合の宣誓書の提出

3.(米国)    USPTOが特許付与後レビュー制度における審理開始基準に関するパブリックコメントを募集

4.(欧州)    第2医薬用途特許の保護期間延長は認められない

5.(欧州・英国)      英国最高裁判所によるSEPライセンスに関する判決

6.(中国)    第4次専利改正法

7.(韓国)    AI関連分野における特許審査事例

8.(台湾)    AI関連の特許出願に関するよくある拒絶理由の分析

9.(意匠・欧州)EUIPO、EU登録意匠出願にWIPOのデジタルアクセスサービス(DAS)を利用可能に

10.(商標・韓国)   懲罰的損害賠償制度導入

外国知財情報レポート 2020-夏号

[内容]

1.(米国)    既知の方法を用いて既知の問題を解決するクレームは自明である
2.(米国)    必要なDNAを「準備する方法」の発明は101条の特許適格性を有する
3.(米国)    Fast-Track Appeals Pilot Programの開始
4.(欧州)    本質的に生物学的なプロセスによって得られた動植物の特許適格性に関する欧州特許庁拡大審判部の意見
5.(中国)    専利法改正案(第二次審議稿)
6.(韓国)    特許法改正:特許権者の生産能力を超える特許侵害者の製品販売に対しても損害賠償を請求できる
7.(台湾)    最高裁判所が実用新案技術評価書を権利行使時の免責要件と認定
8.(意匠・欧州)EUIPOによるRCDの10年の統計(2010-2019)
9.(商標・中国)法律執行基準の統一のため、CNIPAが「商標侵害判断基準」を公布

外国知財情報レポート 2020-春号

[内容]
1.(米国) データ処理ソフトウェアChecks Outは、特許適格性を有する
2.(米国) 室温の先行技術が拡大されたクレーム記載に冷却効果をもたらす
3.(米国) 確定したPTABの最終決定は正に「最終」である
4.(欧州) ドイツ連邦憲法裁判所、UPC協定批准に係る法案は無効と決定
5.(韓国) 特許法改正:方法の発明の実施態様追加
6.(意匠・韓国)韓国デザイン出願、優先権証明書提出不要に
7.(商標・英国)保護原産地呼称を想起させるとして登録が拒絶された事例

外国知財情報レポート 2020-冬号

[内容]

1.(米国)    最高裁判決:出願人による連邦地裁への審決不服の訴訟において、米国特許商標庁は弁護士費用を請求できない
2.(米国)    「成功の合理的な期待」に逆らう実世界の証拠(臨床試験の失敗)
3.(欧州、英国)英国のEU離脱(Brexit)による特許への影響
4.(韓国)    特許無効審判の審決取消訴訟において事実審の弁論終結後の訂正審決確定は再審事由にあたらないとの大法院判決
5.(台湾)    改正台湾専利法2019年11月1日施行について
6.(香港)    香港特許制度の改正(香港に直接出願が可能に)
7.(意匠・韓国)韓国デザイン出願、一部物品の審査期間が10日以内に
8.(商標・韓国)不正の目的をもって登録された模倣商標に関する韓国大法院の判例

外国知財情報レポート 2019-秋号

[内容]
1.(米国)    プロセスクレームにおけるステップの解釈
2.(米国)    成功の合理的期待がないのに組合せの動機付けはない
3.(米国)    AFCP 2.0を1年間延長
4.(欧州)    審判部手続規則の改正
5.(中国)    中国専利審査指南の改訂
6.(韓国)    均等範囲の判断要素のうち「作用効果が実質的に同一であるか否か」をどのように判断するか
7.(意匠・台湾)台湾意匠の優先権の認定に関する新措置
8.(意匠・中国)冒認出願による中国意匠登録2件に無効審決
9.(商標・中国)2018年商標審判案件に係る審決取消訴訟の統計

外国知財情報レポート 2019-夏号

[内容]
1.(米国) 明細書に記載された「本願発明」がクレーム範囲を制限
2.(米国) Means Plus Function(MPF)に対応する構造は、コンピュータで実行されるアルゴリズムである
3.(米国) 特許適格性のための“特定の”治療
4.(欧州) 後発医薬品の製造の例外を認める補充的保護証明書(SPC)の改正規則の施行
5.(欧州、英国)新規事項を追加する補正に関する判断が分かれる
6.(中国) 中国専利審査指南の改正案
7.(韓国) 韓国大法院全員合議体判決、実施権者の無効審判請求人適格を認定
8.(商標・英国)「GAME OF THRONES」パロディ商標の異議棄却

外国知財情報レポート 2019-春号

[内容]
1.(米国)秘密の販売が、AIAのOn-Sale Bar(販売による新規性の喪失)を満たす
2.(米国)指定技術部門での継続出願に対するIDS手続
3.(欧州)コンピュータ関連発明に関する拡大審判部への付託
4.(欧州)ダブルパテントに関する質問が拡大審判部に付託される
5.(欧州)本質的に生物学的なプロセスによって得られた植物の特許適格性に関する欧州特許庁の審決
6.(中国)中華人民共和国技術輸出入管理条例の改正
7.(韓国)物質発明の延長特許権の効力は塩変更の後続医薬品に及ぶ
8.(シンガポール)フィンテック・ファストトラック・イニシアチブでの初の特許付与
9.(意匠・欧州)BREXIT後にEUTM及びRCDから生じるUK登録の登録番号採番
10.(商標・欧州) Polo商標に対する無効請求棄却審決について

外国知財情報レポート 2019-冬号

[内容]
1.(米国) 予測(prediction):「平易かつ通常の意味」とは特別(particular)に平易かつ通常ではない
2.(米国) 「Configured to」か「Capable of」か、それが問題だ
3.(米国) USPTOが特許保護適格性を決定するガイドラインの改訂を発表
4.(米国) 生命科学分野でのミーンズプラスファンクションクレーム形式
5.(欧州) 医薬品を不可欠な一部として含む医療機器への補充的保護証明書(SPC)規則の適用に関する欧州連合司法裁判所(CJEU)の予備的判決
6.(英国) 標準必須特許のライセンスをめぐるUnwired Planet v. Huawei事件
7.(中国) 特許法第4次改正草案
8.(韓国) 特許侵害に対する懲罰的損害賠償および立証責任の転換制度の導入
9.(台湾) 知的財産局が専利法一部条文改正案の行政院提出版を公告
10.(インドネシア) 旧法下での未払い年金を支払わなければ新規出願は拒否
11.(意匠・欧州) 欧州委員会、欧州連合内の意匠法に関するコンサルテーションを開始
12.(商標・中国) 商標登録証明公示システムについて

外国知財情報レポート 2018-秋号

[内容]

1.(欧州)    欧州特許庁(EPO)コンピュータ実施発明の審査ガイドライン改訂

2.(英国)    英国政府が「合意無きBrexit」への指針を示す

3.(意匠、商標・英国) Brexitが失敗した場合についての英国政府の見解

4.(米国)    USPTOはAIA手続のためのクレーム解釈基準を変更

5.(米国)    外部証拠はMeans-Plus-Functionの解釈を争うために要求されない

6.(米国)    斬新であると言い換えられた抽象アイデアも依然抽象的である

7.(中国)    中国国家知識産権局が英語表記およびドメインを変更

8.(韓国)    特許法院、国際裁判第1号施行…外国企業の英語弁論が可能に

9.(台湾)    専利[特許・実用新案・意匠]出願案件の処理期間表

10.(インドネシア) 特許発明の実施義務

11.(商標・台湾) 台湾商標登録出願において不専用の声明(いわゆるDisclaim)を必要としない事例について

外国知財情報レポート 2018-夏号

[内容]

1.(米国)    IPRは合憲であるとの米国最高裁判決

2.(米国)    米国最高裁判決-USPTOはIPR申請された全てのクレームについて特許性の有無についての審理を行わなければならない

3.(米国)    海外において生じた逸失利益を、米国のサプライヤーから回収することは許容されるとの米国最高裁判決

4.(欧州、英国) Actavis v Lilly英国最高裁判決後の均等論の適用

5.(ドイツ) 特許のない領域で特許製品が製造された場合でも特許侵害を認める

6.(中国) 中国特許庁の庁費用の一部改定

7.(韓国) 第四次産業革命、特許審査は6カ月で終了!

8.(インド) 特許発明実施状況報告書式の改訂に向けて

9.(意匠・英国) ハーグ協定加盟

10.(不競法・韓国) 韓国不正競争防止法の改正についてActavis v Lilly英国最高裁判決後の均等論の適用