中国で知財セミナーの講師を務めました。

2019年5月15日(水)北京中関村生命科学園(北京)にて、中関村知識産権促進局等が主催し、林達劉事務所等が主管した知財セミナーで講師を務めました。また、2019年5月17日(金)蘇州工業園区生物医薬産業園(蘇州)にて、林達劉事務所と知財セミナーを共催致しました。

当所の化学バイオ部の溝口正信弁理士が講師として「日本の医薬関連特許制度」について、当所の機械第1部/意匠部の小田晃寛弁理士が講師として「改正日本意匠法と改正法を考慮した戦略的意匠出願」について講演を行ないました。また、林達劉事務所の白玉弁理士が「薬物結晶発明特許出願戦略」について講演を行ないました。

当知財セミナーには、北京および蘇州のそれぞれの会場に、中国企業の知財関係者約30-40名が出席し、活発な質疑応答も行なわれました。

北京中関村生命科学園(北京)で開催されましたセミナーは、中国知的財産権局のホームページで紹介されました。

 


北京での溝口弁理士による講演風景


北京での小田弁理士による講演風景


北京中関村生命科学園前での集合写真


蘇州での溝口弁理士による講演風景


蘇州での小田弁理士による講演風景


蘇州での質疑応答風景

 

アーカイブ