弁理士紹介

弁理士検索

野田 久登Hisato NODA

機械第2部

専門
機械・意匠
資格
弁理士試験合格(1989)
特定侵害訴訟代理業務試験合格(2008)

学歴

東京大学 工学部 機械工学科卒業(1976)

職歴

松下電器産業(株)(1976-1988)
深見特許事務所(1989-)

執筆 

Matthew Bender / LexisNexis.「英語版日本ビジネス法体系 Doing Business in Japan」

海外研修

米 Knobbe, Martens, Olson & Bear コース(1996)
英 Mewburn Ellis コース(1995)
米 Cushman, Darby & Cushman コース(1991)

プロフィール

松下電器での約12年間のうち、最初の9年間は、生産技術部門において、主として製品の機能要素(コンプレッサー、磁石、軸受等)の開発を担当し、その後の3年間は、知財管理の部門に所属し、特許出願推進、中間手続等を担当しました。
深見特許事務所では、入所当初から機械グループに所属し、主としてDRAM等の半導体デバイスの構造や製造プロセス、その他のデバイス構造関連の特許出願、内外国中間手続等を担当し、最近では、外国クライアイイントの外内特許出願の中間手続が、業務の大半を占めています。

講師実績・著書