中国国家知識産権局(中国の特許庁)を訪問しました。

 

2018年7月30日(月)、当所所長の木原美武弁理士、長野篤史弁理士および高橋智洋弁理士が中国国家知識産権局(中国国家知识产权局)(SIPO)の何志敏副局長を表敬訪問しました。何副局長は、木原弁理士の特許庁特許技監時代のSIPO側のカウンターパートであった方です。

ご参考:2014年10月の日中特許庁副長官会合

今回の表敬訪問において、何副局長から最近のSIPOの状況についてご説明を頂くとともに、所長の木原より弁理士の立場からのSIPOへの期待と日本の知財情勢について説明を致しました。


    右がSIPOの何志敏副局長、左が木原所長

 
           会談の様子


      国家知識産権局の正面玄関前にて

(

アーカイブ